2014年07月02日

アニメ「TARI TARI」探訪 〜その9・第13話ハルシュタット編〜

みなさんこんにちは。
気が付けばTARI TARIも放送開始から2年が経ちました。
探訪した分はいずれ公開したいと思いつつこの体たらくですがここだけは今こそうpるべきと一念発起。

さっそくどうぞ。

hal_01.jpg

c_hal_01.jpg

というわけで、行ってきました行ってきちゃいました!
最終話でウィーンがヤンと再会を果たしたところです!
場所はオーストリアはザルツカンマーグート地方のハルシュタット!
「ザルツカンマーグート地方のハルシュタットとダッハシュタインの文化的景観」として世界遺産にも登録されている湖畔の村です。
一説には世界一美しい村とも言われるハルシュタット。
その言に恥じないとっても素敵なところでした。

そんな村のシンボル的な教会を見下ろせる小道からの1枚。
道は作中のように横に走ってるわけではないのですが、町並みの方はばっちり一致。
おそらくスタッフの誰かが個人旅行で撮った写真を使ったんじゃないかと。

そして左奥が1カット前のヤンのアップ。…のはず。

hal_02.jpg

c_hal_02.jpg

左手直ぐ個人宅なのですがベンチも据え付けられてたのでそのあたりをイメージ膨らましたのかなぁと。



して、オーストリア行くには飛行機乗らなきゃ行けないわけで併せて成田空港のカットも撮ってきました。

narita_01.jpg

c_narita_01.jpg

みんなで集合して別れを惜しんでるところ。
第1ターミナルの南ウイング出発口です。


narita_02.jpg

c_narita_02.jpg

narita_03.jpg

c_narita_03.jpg

いざゆかんとする紗羽を呼び止める大智。
その唇からはどんな言葉が発されたのか気になるところです。
しかし舞台としてはこの2年でいろいろ変わってしまったらしく。
この前後のカットでちらちら映ってる謎の青いオブジェが移動していたり、奥の設備が構造変わってたりしていました。
残念...。


見送りは南北ウイングの真ん中にある展望デッキから。

narita_04.jpg

c_narita_04.jpg

これ写真的にはたぶんもっと柵によってタンクを左のポールに合わせる感じですよね。
加工してて気づきました。

narita_05.jpg

c_narita_05.jpg

最後に一人目元を拭う大智のカット。
強く生きろ。


とそんなわけでTARITARI海外編でしたw
実はウィーンにも行ったんですが舞台らしきポイントは見つけられず。
いつかまたリベンジに行きたいですね。
ハルシュタットも本当にいいところでまた行きたいです。
posted by むさ at 02:19| Comment(0) | TARI TARI | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年09月03日

アニメ「TARI TARI」探訪 〜その8・第10話準備編〜

もちろんまだ探訪には行ってませんが、某犯人逃走ルート特定のメモを兼ねて。

とりあえず現在こちらで追えているのは踏切を曲がるところまで。
こっから先微妙にワープしてるっぽくてさてどこだろうといった状況です。
自分用のメモと情報提供期待半分というところでわかってるところまでをまとめたマップ置いておきますね。

http://goo.gl/maps/Z1fVJ

探訪自体は来週行ってくる予定です。
それまではちょっと情報収集と言うことで。
posted by むさ at 00:11| Comment(0) | TARI TARI | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年08月26日

アニメ「TARI TARI」探訪 〜その7・第8話編〜

お久しぶりです。

ここしばらく小諸行ったり上田行ったり人吉行ったり上市行ったりとお出かけ続きで更新どころかTARITARI探訪も滞ってましたが今週からまた再開。

とりあえず第4話ぐらいから未探訪カットがたまりにたまっててひとまず8話優先で撮ってったものの結局浄智寺と鎌倉高校前は回れませんで。
今回は新規登場地点分ってことになります。

では前置きはこの辺にして早速。

まず冒頭紗羽がタクシーで帰ってくるシーン。
ざっと見てみた感じドンピシャ一致が見つからなかったのでそれっぽいところシリーズです。

monorail01_1.jpg


左側にレールの支柱、塀の感じ、逆側の速度落とせ標示辺りがそれっぽく撮れるかなぁと。
参考までにここは目白山下駅と片瀬山駅の間のバス停脇から撮ったものです。
実は作中設定考えると逆向きなんですけどねw


次はウィーンの家。
現実には鎌倉文学館ですね。
実はここ下見で回ってるときに見かけて一目惚れ、1話でウィーンの家がお金持ち設定が出てきたときからここと信じていつ来るかと待ちに待ってた物件ですw

てことでまずは前田家の表札…の付いた門柱。

bungakumon01_1.jpg


そしてそびえ立つ門。

bungakumon02_1.jpg


とそれを見上げる4人。

bungakumon03_1.jpg


木漏れ日がいい感じです。

ちなみに文学館の敷地に入った直後にあるお宅が……おっとこれは行った人のお楽しみ(何
ところでみんなウィーンの名前が前田敦博だってちゃんと覚えてた?w


閑話休題。
門をくぐると見えてくるのが、

bungaku01_1.jpg


見事なよーかん。
そしてぽかーん。

bungaku02_1.jpg


適当なこと言ってごまかしてますが写真はちょっとずれた感じ。
文学館の方は庭に抜ける通路の入り口から撮ったんですが、もう少し茂ってない時期にもっと後ろからズームな感じ。
後ろの塀はうっかり右から撮っちゃいましたが4人の配置見る限りどう見ても左から。
そのあたり直すと木の配置もそれっぽくなる気がします。

文学館の内部は撮影禁止なので少し飛んで正面から。

bungaku03_1.jpg


生垣の隠し具合を見ると庭から脚立芸がよさそうですが生身での撮影でしたので2つ目の階段下から手を精いっぱい伸ばしての撮影になりますw


そして色々有ったけど前述の通り浄智寺と鎌高前撮りに行けてないので後日追記するとしてついにきました馬通w

家を出た後最初に横切る塀はこちら。

onari01_1.jpg


鎌倉駅の裏にある御成小学校です。
向かいの歩道スペースから撮ったんですけど標識とか見るともっと前からですね。
てことは道路からになるのでカットを合わせる際は車に十分にお気を付けください。
自分が怪我をしないことと、通行の邪魔にならないことと。


この後は海岸とおなじみ鎌高前の踏切からの通学路の坂になりますので後日追記します。

そんなわけで久しぶりの更新でした。
まだいろいろ追いついてませんが、今月は比較的余裕があるのでまた毎話追って行けるんじゃないかと思います。
7話までの分も部分的には撮れてるんで、今後撮ってくる分と合わせて順次公開していきます〜。
posted by むさ at 21:48| Comment(0) | TARI TARI | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。