2013年01月04日

アニメ「ヤマノススメ」探訪 〜高尾山編〜

1月からスタートした5分アニメ「ヤマノススメ」。
主な舞台は飯能らしいですが、原作読者によると最初の方は高尾山ということで、ムササビクラスタとして行ってきました(何

といっても第1話ではまったく出てこなかったので、EDのラストに使われているカット(PVでも出てきてますね)1枚だけですw

というわけでこちら。

yamaED01b.jpg※2013/2/27差替え

c_yamaED01.jpg

場所は高尾山山頂にある見晴らし台です。一番右端の柵と山間を合わせて少し引いたとこからズームするといい感じ。
この写真ももうちょっと離れて上から撮るともっとよくなるのかな?
今日は富士山が雲に隠れてちょっと残念だったので、また本編で出てきたときにここも撮り直しかなぁと。

あ、飯能の方は既に動かれてる方がいらっしゃるので自分の方は出揃ってから巡礼しようかなぁとか考えてます。

2013/2/27 高尾山2回目〜
ってことで第8話にて高尾山が大量投下されましたのでまたまた行ってきました。
まずは上の1話EDの撮り直しから。富士山が綺麗に見えました〜。

では5分アニメのはずなのにやたらカット数があったのでどんどん行きましょう。
(※今回設定ミスで前半参考画像が16:10に歪んでます。ご了承ください。元気がある時に直すかも。)

まずは冒頭京王線の車内ですね。朝だと比較的すいてます。
train01.jpg

c_train01.jpg


train02.jpg

c_train02.jpg

train03.jpg

c_train03.jpg

車窓からの眺めは架線が入ってるってことは逆向き電車からorホームからの絵なんですね。失敗失敗。

続いてサブタイトル。こちらは降りたホーム高尾よりからの眺め。

station01.jpg

c_station01.jpg


同じく高尾よりの駅名票。

station02.jpg

c_station02.jpg

改札を出てロータリーの向こう側からの駅舎。

station03.jpg

c_station03.jpg

もっとお店寄りから撮ってよかったですね。


順当に駅から高尾山への道。撮影は脇の公園から。

station04.jpg

c_station04.jpg


そして挟まる高尾山ダイジェスト。
まずは蛸杉。

takosugi01.jpg

c_takosugi01.jpg


続いて薬王院の願叶輪潜。

yakuouin01.jpg

c_yakuouin01.jpg


そしてこのために高尾山行ってるようなものですムササビキタ―!!!

musazou01.jpg

c_musazou01.jpg


で、これがどこにあるのかというと高尾山の麓、ケーブルカー清滝駅前です。
cable01.jpg

c_cable01.jpg


「じっ…」

cable02.jpg

c_cable02.jpg


「自分の足で登るわよっ!」

cable03.jpg

c_cable03.jpg

こんなとこまでこの再現度。素晴らしいです。


cable04.jpg

c_cable04.jpg

さっきのと対になってるムササビで〆て登山開始。
高尾山には登山道が1〜6号路+αが設定されていて、彼女たちが選んだのは1号路。
ほぼ全体を通して舗装されてるので初心者でも登りやすい道です。

1gouro01.jpg

c_1gouro01.jpg

撮影場所はこのあとに出てくる「落石注意」のすぐ先。崖を見降ろすとこんな図に。
この話数は全体的に針葉樹の生え方が決め手になってます。


1gouro02.jpg

c_1gouro02.jpg

こちらもやっぱり「落石注意」のとこから上の道を見上げた図。


1gouro03.jpg

c_1gouro03.jpg

やっぱり「落石注意」の少し先、上の写真で見上げてた道。
最初の写真撮ったとこぐらいから道側を見降ろした図になります。
さすがに倒木はもうなかった。


1gouro04.jpg

c_1gouro04.jpg

だんだん疲れてきたあおい。
金毘羅台との分岐点です。


1gouro05.jpg

c_1gouro05.jpg

そこからの見上げる山。


1gouro06.jpg

c_1gouro06.jpg

現実の道順とは前後してようやく出てきた件の「落石注意」。
この周辺だけで今回5カットはありますw


1gouro07.jpg

c_1gouro07.jpg

そです、へばってるあおいの後ろの木も実はここなんですw


1gouro08.jpg

c_1gouro08.jpg

作中ではその先にあることになっているのでうっかりしてるとダマされることに。(むさも帰りに気付きましたw)


1gouro09.jpg

c_1gouro09.jpg

そしてここ、ビアマウントからケーブルカー&リフトで上がってきた人と合流することになります。


1gouro10.jpg

c_1gouro10.jpg

上のお店の三福団子(みつふくだんご)。
胡桃だれでいただきます。


1gouro11.jpg

c_1gouro11.jpg

正面のベンチ。


1gouro12.jpg

c_1gouro12.jpg

おでんとかソフトクリームも売ってます。


1gouro13.jpg

c_1gouro13.jpg

そのベンチからの眺め。
頑張れば作中で言っている通りスカイツリーも見えますが、望遠レンズ持っていき忘れたので写真には収められず。


一息入れて歩きだすとまもなくお土産屋さんの登場です。

1gouro14.jpg

c_1gouro14.jpg


1gouro15.jpg

c_1gouro15.jpg

高尾山なのでムササビのはずですが白もんがないのでむさとしてはこれはモモンガだと主張せざるをえない(何
でもかわいい←


1gouro16.jpg

c_1gouro16.jpg

お店の前から振り返るとこんな感じ。


1gouro17.jpg

c_1gouro17.jpg

他にも天狗グッズとか色々売ってます。


1gouro18.jpg

c_1gouro18.jpg

猿園の前を通り過ぎて最初の曲がり角が冒頭にも出てきた蛸杉になります。
昔は柵もなかったのですが、傷んできていつからか柵付きになってました。


1gouro19.jpg

c_1gouro19.jpg

すぐ隣にあるひっぱり蛸。
これも柵がなかった時代にはなかったような。


1gouro20.jpg

c_1gouro20.jpg

天狗の腰掛け杉は実際には少し進んだ先、作中と前後して薬王院のすぐ手前になります。


1gouro21.jpg

c_1gouro21.jpg

もいちど現実の蛸杉の先まで戻って、こちらは浄心門から続く参道になります。


1gouro22.jpg

c_1gouro22.jpg

そのすぐ先の男坂の階段です。
108段も登れないっという人には手前の分岐路から女坂という坂道に行っても先に進めます。(すぐ合流します)


1gouro23.jpg

c_1gouro23.jpg

二つ目の踊り場から見下ろした図。


1gouro24.jpg

c_1gouro24.jpg

つづく。


と、今回はここまで。
本編2分半の中にここまでカットを詰め込んできてなおかつかなりの再現度ということで、高尾山好きとしても非常に楽しめました。
来週も高尾山編後編になると思いますので、ちょっと行ってこようかと思いますw

posted by むさ at 01:10| Comment(1) | ヤマノススメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
BTC入会記念に書き込みに来ました。
高尾山は上り口まで列車でいけるのが手軽で良いですね。
以前ミシェランで紹介されて団子状態と聞きましたが、今はそこまで混雑ではなくなっているのでしょうか。

これからも更新頑張ってください。期待しています。
Posted by まつやま@旅人 at 2013年01月10日 00:15
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。